医学部学習塾の費用を無理なく支払い続けられるか

医学部学習塾の費用を無理なく支払い続けられるか

子供を医学部学習塾・予備校に入る際に課題の一つとなるのが、費用面です。
一般的に、医学部進学に向けた指導に特化した学習塾は、総合的な所より学費が高くなる傾向にあり、親にとっては合格するまでの間に通わせる場合の学費の確保の方法も考えておかなければなりません。
学費に関することは、直接医学部予備校を運営する会社に尋ねたり、資料を請求して送ってもらえば知ることができます。
もし、掲載されている費用と現在の収入状況を照らし合わせたとき、通い終わるまで支払いを続けられないようなら、諦めざるを得ません。
無理をして賄おうとすると、家計に大きな影響が生じ、色々なものを切り詰めていかなければならなくなるからです。
ただし、医学部予備校に奨学金制度が設けられている場合は、それを活用することができれば学費の支払いができる可能性があります。
ある程度成績が良くないと応募することができず、対象になるかどうかは審査によって決まるため、確実な方法ではありませんが、要件を満たしているのであれば学費の確保の方法として検討してみると良いでしょう。

医学部受験のためのオプション教室と個別指導塾

個別指導を行っている塾の中には、医学部受験のための専門コースを用意している所もあるようです。
個別指導は、一人の講師に対して生徒一人といった形で学習することができるので、分からないことがあるときなどはその場で質問して解決できるメリットがあります。
一般的な指導の場合も質問があるとき、挙手で講師に聞くこともできるわけですが、生徒の中には周りにいる人からの視線が気になるなど聞きたいことが聞けないケースもあり個別指導を希望される人も多いようです。
医学部は、大学にもよるけれども受験難易度は高めではあるけれども、難関校は別にしても現役合格を目指す人は多いといえましょう。
個別指導塾で医学部受験に対する学習を希望するときなど、オプションを使い勉強を教えて貰えることもあるのですが、これはオプションを使えば良いということではなくその教室が医学部受験に対しての実績などをしっかり把握した上で活用することが基本です。

筆者:村瀬陽奈子

筆者プロフィール

愛媛県松山市生まれ。
話題の医学部学習塾について、情報を発信しています。