医学部学習塾では一般的な少人数制授業

医学部学習塾では一般的な少人数制授業

医学部を目指すために学習塾に通うなら、専門の予備校が良いと言われています。
その理由のひとつが、少人数制での授業形態を採用しているところが多いという点です。
なぜそうなるかと言えば、医学部学習塾ではその学部の受験に特化したレベルの高いプロ講師が配されていることが多く、受験生も医学部志望の人がほとんどで生徒数が限られているためです。
結果的に、集団スタイルの授業であっても、大人数でなく少人数レッスンが可能になりやすいのです。
少人数制授業をおこなうメリットはいくつかありますが、まずは、志望校や1人ひとりのレベルに合わせた指導が可能な点でしょう。
ひとくちに医学部と言っても、国立か私立か、志望校・併願校などにより対策は異なってきます。
少人数クラスなら、生徒一人ひとりに最適な学習計画が実行しやすくなるのです。
きめ細かい対応を最優先したい場合、マンツーマン式の授業を検討する人もいるでしょうが、費用がかさむのと希望する先生に担当してもらうのが難しいなどの問題も生じます。
その点、少人数なら高いレベルの授業を安定して受けられるという良さがあります。

医学部専門塾の個別指導ってどんな感じ?

医学部受験のために塾を探している時、集団指導の方がいいのか個別指導の方がいいのか悩んでしまう方が多いのではないでしょうか。
悩んでいるのであれば、まずは医学部受験の特徴を把握しておくことが大切です。
特徴として挙げられることは、同じ大学の他学部に比べて偏差値がとても高いことです。
偏差値が高くなってしまう理由は、学生1人に対する労力が大きく、それによって定員が大きく絞られてしまう点が挙げられます。
このようなことから医学部受験をする場合は、生徒のレベルに関係なく一律で教える集団指導より、一人一人のレベルに合った指導を行う個別の方が最適であるといえます。
さらに個別指導には、苦手科目と徹底的に向き合えるというメリットもあります。
集団指導だとわかっている内容も授業で習わなければなりませんが、個別であればわかっている内容を飛ばして、その分苦手科目に充てることも可能だからです。
また、講師との距離も近いのですぐに質問できるというメリットもあります。

筆者:村瀬陽奈子

筆者プロフィール

愛媛県松山市生まれ。
話題の医学部学習塾について、情報を発信しています。